カラダにいい古代小麦とは

パンやパスタって美味しいですよね😆

現代の小麦って言えば悪者にされていますが

元々は小麦って高栄養で
身体にすごくいい食べ物だったのです。

●古代小麦(スペルト小麦)  現代の小麦の原種です。
9,000年以上前から栽培され古代ローマ人の主食であったとも言われています。

古代小麦の特徴は遺伝子操作や人工的な品種改良が行われていない小麦で

農薬や化学肥料を使用せずに育てられているので世界で安全で栄養価が高いことで知られています。

古代小麦をまとめると

・自然オーガニック食品

・アレルギーを発症しにくいこと

・グルテンフリーではないがアレルギー発症確率は極めて低いと言われ、85%~90%の人はアレルギー症状が発症しないとのこと

・身体に良い5大栄養素が充実

①たんぱく質が豊富
②糖質・脂質は低く、低カロリー
③ビタミンB2が豊富
④ミネラルバランスが良い(貧血、むくみ、高血圧予防に有効)

●古代小麦の100gの栄養価

・エネルギー:338 kcal
・たんぱく質:14.6 g
・脂質:2.43g
・炭水化物:70.2g
・脂肪酸
・飽和脂肪酸:0.406g
・一価不飽和脂肪酸:0.445g
・多価不飽和脂肪酸:1.26g
・βカロテン:5μg
・ビタミンE:0.79mg
・ビタミンK:3.6μg
・ビタミンB1:0.364mg
・ビタミンB2:0.113mg
・ナイアシン:6.84mg
・ビタミンB6:0.23mg
・ビタミンB12:0μg
・葉酸:0μg
・パントテン酸:1.07mg
・ナトリウム:8mg
・カリウム:388mg
・カルシウム:27mg
・マグネシウム:136mg
・リン:401mg
・鉄:4.44mg
・亜鉛:3.28mg
・銅:0.511mg
・マンガン:2.98mg
・セレン:11.7μg
・食物繊維:10.7g

●最後に今の日本の小麦が
問題なのは

9割が外国産であり
発癌性のある除草剤や化学農薬が
含まれていること。

これらの物質がアレルギーを
より悪化させるとも言われている。

じゃあ国産小麦なら安全かと
いうと全く安全ではないからくりがあります。日本は敗戦国でありアメリカの植民地ですからかね。

それはまた次回にて

関連記事

  1. 難波からすぐ!GRACIAS本町店

  2. 本町駅から3分!パーソナルジムGRACIAS大阪本町店

  3. 白米と玄米やせやすいのはどっち?

  4. 糖質制限が失敗する理由

  5. 炭水化物食べて太らない理由

  6. プロテインを飲んでも痩せない理由