パーソナルトレーニングGRACIAS

ARTICLE DETAILS記事詳細

体型による筋トレの効果

筋トレには素質があって
おなじ事をしても
同じ結果がでにくい理由のお話です。
スクワットもベンチプレスも、筋トレとは
テコの原理であり
関節を支点に筋肉が骨を動かす。
なので
手足が長いとより負荷がかかる。
(専門的にはモニュメントアームが長いから)
さらにダンベルなど重りを持つだけで
体幹にも負荷がかかる。
(ダンベルの負荷は手だけではなく
体幹や股関節にかかっているんですよ)
頭だけでも4,5キロの重さがあり
長身の人は立っているだけでより強い体幹が必要。
(高いビルほど強い柱が必要ね)
たとえばスクワットの動作
 
長身のように脚が長く、胴体も長い状態で
重たいバーベルをかつぐと
不安定になりやすい。
さらに
バーベルを上下する軌道も長いし
心臓にも負担がかかる。
 ・
ベンチプレスの場合も
手が長くなるとバーベルの重りを持つだけで
支えるのが不安定。
重りを上げ下げする距離も
長くなるのでぶれやすい。
 ・
●筋トレで効果を出すには軸が必要
カラダを家に例えると
強い柱に安定した土台がないと
高くなればなるど不安定になります。
強い柱と安定した土台とは
身体の場合、
安定した股関節と体幹。
股関節や体幹が正しく使えていない人が
筋トレをしても的確に狙った筋肉に
効きにくいだけではなくケガをします。
体幹や股関節、肩関節の不安定さを
カバーするために
他の筋肉がカバーしてしまい狙った筋肉の
負荷を分散してしまう。
筋トレがうまい、効果が出やすい人は
 ・
必ず体幹、股関節、肩関節の使い方が
無意識レベルでうまい人。
特に背が低くかったり長身でも骨太、骨格が大きい人ほど
安定して筋トレの動作が行える傾向があります。
(ボディビルチャンピオンは背の低い人が多い)
 ・
という理由により
 ・
僕のパーソナルトレーニングでは、
必ずその人の骨格や体幹力を評価し
股関節や肩関節が正しく機能する状態に
リセットしてから行います。
腕、脚を動かしている股関節と肩関節を
つないでいるのは体幹です。
これらが正しいバランスとなり身体の軸ができるので
パーソナルトレーニング後には
筋肉にしっかりと効くだけではなく
日常生活で崩れていた筋バランスも整い正しくリセットされるので
姿勢がよくなり手足が軽く
肩回りも軽くなって帰って頂けるのですね^^