パーソナルトレーニングGRACIAS

ARTICLE DETAILS記事詳細

パンパンな太ももと不良姿勢

不良姿勢の人が筋トレを すればするほど不良姿勢はひどくなります。 猫背、前肩、反り腰、ストレートネック、、 日本女性に多い 外ももがパンパンに張っている。 そんな人はお尻も垂れている傾向に。 お尻が日常動作で使えてないから 太ももがカバーして使われる。 さらに太ももが強くなり お尻や股関節の筋肉がより弱くなる。 ●動きのクセをかえる 外ももが太い お尻が垂れている、 猫背 お腹ぽっこり 腰痛、肩こり などはそのような筋肉の使い方のクセです。 長年も日常でそのようなクセで生活しているから。 整体やストレッチでは一時的に整えてもらっても すぐに戻るのは、 筋肉の動くパターンまでは 改善されないから。 このような理由により 僕のパーソナルでは筋トレまえには必ず 動きの評価を行います。 そして正しい動作パターンを改善するエクササイズを 取り入れています。 ●整体では歪みやクセが治せない理由 整体やストレッチみたいに受け身ではなく 自分で正しい動きをすると脳は学習します。 整体で動いていない状態で整えてもらっても すぐに戻るのは、 脳が学習しないので 動作まで改善されていないから。 ●猫背で前肩の人は肩こりで悩んでいる人が多いですが、 改善トレーニングを行います。 インスタやブログでもビフォーアフターの動画を投稿していますが、 トレーニング直後から肩や肩甲骨が正しい位置になり 肩こりがうそのように治ります。 お尻が垂れて使えていない人は改善トレーニングにより その直後からお尻が使えるようになります。 これも動画に投稿しているのでまた見てくださいね。 筋肉を鍛えるだけではなく 正しく筋肉を動かすことができるように ”動作も鍛えて姿勢も改善する” というのGACIASジムがすごく重要視していることです。 美ボディは正しい動きから作られるのですから。